ニュース

ビーグリーとStarbankが業務提携~漫画家・イラストレーターを活用したインフルエンサーマーケティング~


ビーグリーとStarbankが業務提携

漫画家・イラストレーターを活用したインフルエンサーマーケティング

~クリエイター数200名以上、フォロワー総数はTwitter1,100万以上、
クリエイターならではの投稿で高エンゲージメントを狙う~


 

国内最大級のコミック配信サービス『まんが王国』(https://comic.k-manga.jp/)を中核に、コンテンツプラットフォーム事業を展開する株式会社ビ―グリー(本社:東京都港区、代表取締役:吉田仁平、証券コード:3981、以下ビーグリー)は、総合PR会社の株式会社ベクトルの子会社でインフルエンサーマーケティング事業を展開する株式会社Starbank(本社:東京都港区、代表取締役:堀井優、以下スターバンク)と、インフルエンサーマーケティング事業において業務提携を締結したことをお知らせします。

近年、スマホ普及率の増加や生活者を取り巻く情報環境の変化と共に、年々SNS利用者や利用時間は増加傾向にあり、140文字以内の短い投稿を共有するコミュニケーションサービス「Twitter」においては、日本における月間アクティブ利用者も増加を続け、2017年10月末時点で4,500万人を超えました。
(出展元:ニールセン株式会社「スマートフォンアプリの利用動向」)

ビーグリーは国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国」(https://comic.k-manga.jp/)を運営しており、漫画・アニメ・サブカルチャーといったエンターテインメント領域で活躍している多くの漫画家・イラストレーターとのコネクションを有しております。そのクリエイター数は200名以上、総フォロワー数は1,100万以上に及び、強い影響力を誇っています。

この度の提携により、スターバンクにてビーグリーが有する200名以上の漫画家・イラストレーターとのコネクションを活用したSNSプロモーションが可能となりました。 本サービスでは、企業の商品・サービスの特性に合わせて、漫画家・イラストレーターがSNS上でクリエイティブ力を活かした情報発信を行い、さらなる効果や波及につながるようサポートいたします。

漫画家・イラストレーターならではの、オリジナリティのある作品を通して情報発信を行うことで、一般的なSNSプロモーションよりも高い共感を生み、いいねやコメントなどのエンゲージメントをより一層高めることを可能とします。サービス開始のタイミングでは、Twitterを中心としたプロモーションを行っていく予定です。

今後もビーグリーは、クリエイターの創造物を様々な角度からプロデュースし、クリエイターとファンを繋ぐことで新たな市場、新たな顧客を開拓し漫画文化の発展に貢献してまいります。

 

※ Twitterの名称およびそのロゴ、Twitterの「T」ロゴ、Tweet、Twitterの青い鳥は、米国およびその他の国におけるTwitter, Inc.の商標です。
※ その他、本リリース情報は発表後予告なしに内容が変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※ 本リリースに記載されている社名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。

会社概要社 名:株式会社ビーグリー
所在地:東京都港区北青山二丁目13番5号青山サンクレストビル4階
創 立:2004 年 10 月 25 日
資本金:18 億6,293万円(2018年12月31日時点)
代表者:代表取締役社長 吉田仁平
事業内容:コンテンツプラットフォーム事業
URL:https://www.beaglee.com/
本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先株式会社ビーグリー
Tel:03-6706-4058
担当:永井
本プレスリリースに関するお問い合わせ先株式会社ビーグリー 広報担当宛
e-mail:pr@beaglee.com